×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

気管支炎とは

気管支炎というのは呼吸器の病気の一つです。気管支が炎症を起こしている状態を気管支炎といっています。気管支炎は、急性気管支炎と慢性気管支炎の二つに分けることが出来ます。急性気管支炎の原因は感染症のウィルスによって気管支炎になるといわれていて、例えばインフルエンザやアデノウイルスや肺炎球菌、溶連菌などによって気管支炎が起こります。急性気管支炎の症状としては風邪のような症状があらわれて、咳やたんなどが出るようになります。頭が痛かったり、全身の倦怠感を感じることもあるようです。慢性の気管支炎は咳やたんが2年以上連続して、しかも毎年3ヶ月以上出る場合には慢性の機関支援と診断されることが多いようです。慢性の気管支炎は男性に多いといわれています。慢性気管支炎の場合には、内的要因では、アレルギーや加齢が原因とも言われています。また外的要因では大気汚染やタバコなどが原因と言われています。慢性の気管支炎の症状には慢性のたんや呼吸困難などの症状があらわれます。

急性気管支炎

急性気管支炎は気管支が急性に炎症を起こしていることを言います。急性気管支炎の大きな原因としては、ウィルスや最近などに感染したことが原因で急性気管支炎になるといわれています。急性気管支炎のおもな症状は咳が頻繁に出たり、全身がだるくなったりたんがでたり悪化した場合には熱を出すこともあります。急性気管支炎かどうかを検査する場合にはCRP試験で養成が出た場合や白血球が増加している場合に急性気管支炎の診断が下されることになります。急性気管支炎の治療としては去痰剤や鎮咳剤などが含まれている抗生物質を服用することで急性気管支炎を治すことができます。急性気管支炎は大人でも突然発症しますが子供も急性気管支炎にかかりやすく、子供が急性気管支炎にかかった場合にはひどい場合は入院などをしなければいけないこともあるようです。急性気管支炎はウィルスが薬によって殺菌された場合には快方に向かうことが多いようですから病院で薬をもらって安静にしていることが大切です。

慢性気管支炎

慢性気管支炎について紹介したいと思います。慢性気管支炎は痰や咳といった症状が2年以上連続して続き、毎年咳やたんの症状が3ヶ月以上継続するというのが慢性気管支炎です。慢性気管支炎の原因というのは色々あるといわれていますが、例えば慢性気管支炎の原因の一つにアレルギーが原因であるといわれています。また慢性気管支炎の原因には外分泌機能が低下していることによっておきているとも言われていますし、加齢によって慢性気管支炎が起こるといわれています。また呼吸器系に何らかの原因があった場合にも慢性気管支炎になりやすいといわれています。またタバコを吸っている人や大気汚染、そして有毒ガスによっても慢性気管支炎になりやすいといわれています。慢性気管支炎の症状はどのような症状が出るのかというと、慢性気管支炎では頚動脈が腫れます。そして慢性気管支炎の症状では呼吸困難の症状が出たり、運動をすると息切れをするといった症状が出ます。慢性気管支炎は痰の検査をしたり、気管支造影を行ったり胸部X線検査を行って慢性気管支炎の検査を行います。場合によっては呼吸機能検査や心電図などで検査を行う場合もあります。慢性気管支炎の治療には、転地や転職・禁煙といった治療方法やネブライザーを吸入して治療を行ったり、抗生物質を服用することで慢性気管支炎を治療します。

Copyright © 2008 気管支炎について悩むなら勉強しましょう